偏平率

2010-01-31 (日) 09:10:56 (2581d)

自動車で「偏平率」と言えば、一般的にタイヤに記載されている偏平率を指し、タイヤの幅(断面幅)に対する高さ(断面高さ)の比率を表している。単位は%が用いられている。

 
画像
 

タイヤの偏平率は、タイヤの側面(サイドウォール)に「205/65R15 94H」のように表示されており、左の例の偏平率は「65」の部分にあたる。

 偏平率の省略

過去、多くのタイヤの偏平率が82であった時代に、偏平率の表示を省略したタイヤが存在した(例:145SR12)。偏平率82のタイヤの交換には、現在では偏平率80のタイヤを用いる。偏平率80と82は現在では同じ大きさで作られていることが多い。

「偏平率」と「扁平率」

「偏平率」と「扁平率」の2通りの書き方が多く使われている。 タイヤの場合、漢字の意味から考えると「偏(かたよる)」よりも「扁(ひらたい)」の方が正しいように思えるが、「扁平率」は球に対してどれだけつぶれているかを表す用語で、100%に近い方がまっ平な楕円となる。一方、タイヤの場合は、数値は断面高さの比率を示しており意味が異なってくる。タイヤの用語としては、「偏平率」が正しい表記と考えられる。







PR